取り扱いパックラフト

パックラフト急流コースの様子

ALPACKA RAFT

ALPACKA RAFT(アルパカラフト社)はパックラフトのパイオニア。静水はもちろん、急流にも問題なく対応できます。空気を抜いて畳めばバックパックに収まるサイズになり、素材もかなり丈夫です。当社では主に静水コース・流水コースで使用しています。

  • モデル:Standard Serias Cruiser Deck
  • 重量:2.7kg
  • 最大積載量:159kg
  • セルフベイラー(水抜き穴):なし
  • スプレーデッキ:あり
    ※安全面を考慮して、ツアーではスプレーデッキは使用しません。

パックラフト静水コースの様子

nortik

nortik(ノルティック)製のパックラフトはシンプルな構造が魅力。畳めばバックパックに収まるサイズになり、バルブ(空気を入れる穴)も逆止弁があり、組み立てが楽です。当社では主に静水コースで使用しています。

  • モデル:トレックラフト
  • 重量:3.2kg
  • 最大積載量:150kg
  • セルフベイラー(水抜き穴):なし
  • スプレーデッキ:なし

パックラフト急流コースの様子

KOKOPELLI – ニルヴァーナ

KOKOPELLI(ココペリ)社製のセルフベイラー(水抜き穴)付きモデル。排水機能があるので、急流もストレスなく下れます。背もたれのシートが調整可能なため、座り心地もGood!

  • モデル:ニルヴァーナ
  • 重量:3.8kg
  • 最大積載量:112kg
  • セルフベイラー(水抜き穴):あり
    ※セルフベイラーがないモデル(キャスタウェイ)もあります。
  • スプレーデッキ:なし

パックラフト急流コースの様子

KOKOPELLI – リーコン

KOKOPELLI(ココペリ)社製のセルフベイラー(水抜き穴)付きモデル。「ニルヴァーナ」との違いは、船体の素材です。ラフトボートなどに使われるPVC(ポリ塩化ビニル)という丈夫な素材を使用していて、他のパックラフトと比べて重量は増しますが、急流での安心感は抜群です。

  • モデル:RECON
  • 重量:8.2kg
  • 最大積載量:136kg
  • セルフベイラー(水抜き穴):あり
  • スプレーデッキ:なし

パックラフト静水コースの様子

KOKOPELLI – トウェイン

KOKOPELLI(ココペリ)社製のタンデム(2人乗り)モデル。2人乗りにも関わらず、片手で持てるほどの軽さです。背もたれのシートも調節でき、2人で乗っても窮屈さはありません。こちらのモデルは、静水コースでのみ使用しています。

  • モデル:TWAIN
  • 重量:6.1kg
  • 最大積載量:292kg
  • セルフベイラー(水抜き穴):なし
  • スプレーデッキ:なし

パックラフト流水コースの様子

FRONTEIR

FRONTEIR(フロンティア)社製のセルフベイラー(水抜き穴)付きモデル。急流向けのパックラフトの中でも最軽量モデルのひとつです。背もたれのシートも調節でき、購入した際の付属品も充実しています。

  • モデル:WW-255
  • 重量:3.5kg
  • セルフベイラー(水抜き穴):あり
  • スプレーデッキ:なし

PAGE TOP