AMSHOUSE&FRIENDS

レスキュー3 急流救助講習(日程更新)

川を泳ぐ様子

※この記事は2020年9月29日に更新されました。

開催予定日

SFR(1日間)
2020年に予定している講習はすべて終了しました。
※臨時開催を希望の場合はお問い合わせください。

SRT-1(3日間)
2020年に予定している講習はすべて終了しました。
※臨時開催を希望の場合はお問い合わせください。

料金

講習名講習料保険料
SFR(1日)22,500円500円
SRT-1(3日間)44,000円500円

※Rescue3japan全国一律の値段になります

持ち物

机上講習に必要なもの筆記用具
実技(河川)に必要なものライフジャケット、ウェットスーツ(ドライスーツ)、靴(川で履けるもの)、スローバック
実技(陸上)に必要なもの(SRTのみ)雨具

ご自分で用意できない場合は1アイテム500円でレンタルします。
※シューズは必ずご自分でご用意ください。レンタルシューズではスイミングなどの実習中に脱げてしまいます。脱げてしまうとその後の講習に支障が出ますので、必ずご自分のモノをご用意ください。水辺専用のシューズである必要はありません。濡れてしまう事を前提に履き慣れたスニーカーなどをご用意ください。

河川救助により個人装備の画像です。

講習申込

申込フォーム

【重要】お申し込み後のキャンセルについて
受講希望者のご都合で、キャンセルする場合は、以下のキャンセル料を頂戴しますのでご注意ください。
講習開催日の 5~9 日前 50%
講習開催日の 4 日前以降 100%
*悪天候などにより講習予定日に講習が実施できない場合は中止とし、キャンセル料は発生しません。但し各宿泊代や特急代等は保証の限りではありませんのでご了承ください。

集合場所

埼玉県立長瀞げんきプラザ
〒369-1312 埼玉県秩父郡長瀞町井戸 367 電話:049466-0177

※(予備集合場所)げんきプラザが使えないケース(当社より連絡があります)
長瀞町役場 中央公民館
〒369-1302 埼玉県秩父郡長瀞町大字野上下郷3312 電話:0494-66-1800

実技の集合場所
アムスハウス&フレンズ(株式会社アムスハウス)
〒369-1303 埼玉県秩父郡長瀞町中野上560 電話:0494-26-6906

スケジュール

両講習とも集合時間には遅れずにお越しください。

SRT-1の場合
1日目 9:00集合 終日座学 17:00終了予定
2日目 9:00集合 昼食休憩はさみ終日河川実習
3日目 9:00集合 昼食休憩はさみ15時位までペーパーテスト 17:00終了予定

SFRの場合
9:00集合 午前中:座学 (昼食) 午後:河川実習 ペーパーテスト 17:00終了予定
※日照時間などの関係で集合時間を早める場合があります。

注意点

講習料金には宿泊、食事代、個人装備レンタル代は含まれておりません。各自で手配をお願いします。

★食事
SRTの場合:1日目は近隣の飲食施設で食事をとれます。2,3日目は各自で用意をお願いします。食べに行く時間はありません。電子レンジ・お湯は用意します。
SFRの場合:食べに行く時間はあまりありません。近くにコンビニがあります。

★近隣の宿泊施設
ゲストハウス長瀞NEMAKI もっとも近い『レスキュー参加』の旨を伝えると受講生通しでの相部屋も可能です
ハナホテル(クルマで20分) 花園インター周辺
長瀞荘(クルマで9分) 上長瀞駅周辺 1泊朝食付き5250円〜
長瀞元気プラザ(クルマで5分) 公共の青少年の活動施設になりますのでマナーを守ったご利用をお願いします。

電車でお越しの場合はできる限り送迎は対応しますので、お気軽にご相談ください。

レスキュー3とは

レスキュー3(RESCUE3)とはアメリカに本部を置く、救助活動に関わる民間団体の名称で、世界各地に支部が置かれています。急流救助だけではなく、ロープを用いた救助講習などを展開しています。日本国内では岐阜に本部を置く、レスキュー3ジャパン(RESCUE3JAPAN)がインストラクターを公認し、全国で講習会を展開しています。特に河川におけるスイフトウォーター(急流)レスキュー技術は、他に類を見ないほどの完成度の高いシステムとして、 世界中で高い評価と信頼を得ています。国内でも唯一無二の河川救助講習内容となっています。
レスキュー3の講習には消防の水難救助隊員の方の受講が多くみられますが、その内容は非常に広義に流水域での活動分野を捉えており、水辺で活動する一般の方にも問題なく、理解・実践できる内容になります。
レスキュー3の急流救助講習のメニューにはSRT-1(スイフトウォーターレスキューテクニシャンレベル1)とSFR(スイフトウォーターファーストレスポンダー)という2つの講習があります。
その違いは講習日数すなわち内容の量が違います。元々3日間でデザインした内容をスリム化したのがSFRになります。
SRTワッペン画像

講習内容

座学(机上講習)
・レスキュー3概要 → 講習の目的
・救助哲学(レスキューフィロソフィー) → 基本的な心構え・行動指針
・流水動力学 → 河川の特徴、流水特性、危険物
・救助装備 → 河川救助に必要な装備の紹介・説明

実習(河川実習)
・リバースイムおよびスイムレスキュー法 → 川での泳法、流れを利用した泳法
・スローバックレスキュー → ベスト河川救助ツール“スローバック”の使用法
・ボートレスキュー → レスキュープラットホームの作成法
・倍力システムを利用した河川でのロープ展張および救助法
・その他応用、救助方法など

認定試験(効果測定)
全講習を滞り無く終了した場合は、RESCUE3 International(レスキュー3インターナショナル)および I.R.I.A(インターナショナル・レスキュー・インストラクター・アソシエーション)の訓練修了国際認定書が発行されます。(2年間有効)ペーパーテスト等で合格ラインに達しない場合は認定の対象にはなりません。

出張講習について

長瀞以外での講習開催は可能です。但し参加費以外に出張に伴う経費が参加者皆様でのご負担になります。具体的には講師交通費・講師宿泊代・講習室レンタル料などになります。また講習室や宿泊先の手配もお願いすることになります。
詳しくはお問い合わせください。

参考資料

川での経験や知識が浅い方は事前の予習用にご利用ください。

リバーサイン一覧

関連記事一覧

  1. 講習風景
  2. 河原に佇む救助隊
  3. 河原でのCPRの様子
  4. レスキュー|アムスハウス&フレンズ
PAGE TOP