AMSHOUSE&FRIENDS

長瀞温泉ホリック 第2回 武甲温泉

長瀞温泉ホリック

アウトドアツアー会社アムスハウスのスタッフによる連載、『長瀞温泉ホリック』。ホリック(中毒)の名前の通り、長瀞から秩父地域の温泉を訪れ、楽しむというもの。長瀞のある秩父地域は多くの温泉が湧出している。数百年もの間、秩父地域の門前宿や湯治場は秩父礼所などに訪れる多くの巡礼者を受け入れてきた。長い歴史があるにも関わらず、秩父の温泉は意外と知られていない。

第2回は横瀬町の『武甲温泉』。前回の『新木鉱泉』から東に車で10分程度の場所にある。仕事終わりの木曜日に向かった。

横瀬駅から徒歩10分

長瀞町中野上にある会社から約30分ほど車を走らせ、横瀬川を渡ってすぐに武甲温泉の看板がある。徒歩なら西武鉄道横瀬駅から徒歩10分程度と、秩父エリアの中では比較アクセスがしやすい。奥には『武甲キャンプ場』、日帰り施設の横には『武甲の湯別館』があり、宿泊もできる。『武甲の湯別館』は離れの客室になっており、見た目は平屋の民家で若者が友達と来るにはちょうどいい。

入口には提灯が二つ

入口には武甲温泉の文字が書かれた提灯が左右にぶら下がっている。中に入ると受付があり、受付横の券売機で入浴券を購入する。1回買えば1日中いられる。なんて最高なんだ。地元の人の多くは、月間パスのような券を提示していた。学生の頃、八王子を銭湯に通っていたことを少し思い出す。

喫茶コーナーと大広間

入浴券を受付に預けてお風呂場に向かう途中に売店と喫茶コーナーがある。アイスクリームやコーヒーが販売されていてなんだか幸せな気持ちになる。温泉に喫茶コーナーがあると、「大人も子供もどうぞ」と言われているような気がする。突き当りには、大広間があり、そこでは手打ち蕎麦やうどん、かつ丼、もつ煮、アルコールなどを頂ける。毎日午後、荒川劇団の劇や歌謡ショーが開かれているらしい。現在はコロナ禍の為、残念ながら休止しているがぜひいきたい。渋すぎる。

ゲームセンターのようなロビー

温泉には、ゲームコーナーがつきもの。子ども連れの家族の為においてあるのだと思うけど、コインゲームゲームほど社会の厳しさを教えてくれるものもない。1か月のお小遣いが500円の子どもが、近くの温泉でいつも見かけるコインゲーム機の中のDSが欲しくてたまらなくなった。1回で500円。すごく我慢した貴重な500円を入れるも、かなわず5か月通ったが結局とれずに悔し涙をながして諦める。それ以降くじやギャンブルは一切手を出さなくなった。

お風呂

いよいよお風呂へ。脱衣所にはコインロッカーもあるが、基本は棚の中の籠に着替えや荷物を入れるタイプ。なくなって困るような高い品物は持っていかない方がいい。お風呂は内湯が2種類、露天風呂が1つある。泉質は”単純硫黄温泉”。入ると中はかなり広く洗い場にはシャワーが20以上ある。外にもシャワーがあり、すぐに露天風呂に入れるようになっている。

内湯

浴室内の3分の1くらいを単純硫黄温泉が占めていて、ジェットバスも併設されている。これが意外とよく、背中の部分からしかでていないが、しばらく当たっていると体がポカポカしてくる。小さめの炭酸泉はほどよくぬるくて、長く入っていられる。肌にくっつく小さな泡が炭酸泉に入っていることをさらに感じさせる。

※泉質は単純硫黄温泉(低調性、アルカリ性、温泉)
単純温泉とは、成分が一定量以下である温泉。成分が薄いため刺激がすくなく、肌の弱い人、幅広い年齢の人が楽しめる。硫黄泉は慢性皮膚病や切り傷、冷え性などに効果がある。武甲温泉のPhは8.5以下なので、アルカリ性に分類される。血行促進や肌がすべすべになる効果がある。

露天風呂

広いつくりの露天風呂は、のんびり星を見ることができる。露天風呂は寒い日に限る。秩父の冬の寒さがむしろちょうどいい。

サウナ

6帖ほどの小さなサウナは90度くらいに設定されている。初めに8分、2回目に10分ほどで今回は満足した。

今回のドリンク

お風呂をでたら売店に向かおう。見つけたら、すぐ、迷わずに手に取ろう。風呂上がりにはやっぱりコーヒー牛乳。メーカーは小鹿野の戸田牛乳。程よい甘さとのどごし。コーヒー牛乳は間違いない。

今回のお土産

売店はかなり充実していて、秩父名物、バック、野菜ととにかく種類が豊富。なるべくお金を落とすというコンセプトをもってこの連載をやっていきたい。ということで、今回もお土産を買おう。秩父そばの名店、武蔵屋本店のそばまんじゅう。皮にそば粉が入っているのか、香りがすごくいい。

今回のまとめ

武甲山の麓、隣には横瀬川がある自然豊かなロケーションで駅からのアクセスもいい。長瀞や秩父で遊んだ帰りに立ち寄るのもいいかもしれない。落ち着いたら地元のおばちゃんに混じって、歌謡ショーを見に来てみたい。

次はどの温泉をディグろうか。

店舗情報
【武甲温泉】
住所:〒368-0072 埼玉県秩父郡横瀬町横瀬4628-3
TEL:0494-25-5151
公式HP:http://www.buko-onsen.co.jp/
アクセス:西武鉄道横瀬駅から徒歩10分、秩父駅からタクシーで10分
【日帰り入浴】
定休日 年中無休
利用時間 10:00~22:00 ※感染症対策の為21:00まで
料金
平日  一般700円 小学生以下400円 2歳以下無料
土日祝 大人900円 小学生以下500円 2歳以下無料
備品 リンス、シャンプー、ボディソープ
レンタル バスタオル100円、館内着300円

文・写真:コーイチ

当社はラフティング、パックラフトを主にアウトドアツアーを運営している会社です。
アウトドア以外にも秩父・長瀞から面白いことを発信しようと日々奮闘中。

関連記事一覧

  1. 長瀞ラフティング|アムスハウス&フレンズ
PAGE TOP