AMSHOUSE&FRIENDS

寄居の名店「焼肉たてがみ」

たてがみの焼き肉

※この記事は2021年1月にリライトされました。

こんにちは、アムスハウスのこういちです。今回は、会社から車で15分ほどのところにある「焼肉たてがみ」に行ってきました。ずっと先輩からおすすめされていたにも関わらずようやく行ってきました。

波久礼駅前「焼肉たてがみ」

国道140号沿い、秩父鉄道波久礼(はぐれ)駅降りてすぐにあります。お店の前の「豚丼」の文字が書かれたのぼりが目印です。駐車場は店の前に3台、あとは駅の駐車場の奥に駐車スペースが設けてあります。車で来られる方は、駅の駐車場を利用された方がいいかもしれません。

早速中に入ってみましょう。入口には消毒用アルコールが設置されています。対面席にはアクリルボードが吊るされていて、感染症対策もばっちりです。席につくと煎茶缶とお湯の入ったポットを頂けます。

ランチメニュー

表は定食メニューになっていて2種類、豚丼と鉄砲もつ煮定食があります。豚丼が名物で、みそ汁とキャベツのついたランチセットにすることもできます!昼飲みをおすすめしているようで、裏はアルコール、おつまみメニューになっています。午前に川で遊んで、昼から飲むという最強の休日コースを見つけてしまいました!

豚みそ丼(ディナー時間の為、セルフ焼き)

イチオシ名物豚丼を大盛りで注文しました。ディナーは、セルフ焼きで食べることができます。

備長炭の七輪でジュージュー焼いて、いざいただきます。これは、うまい!
たてがみの焼き肉

[たてがみさんの豚丼おいしさの秘密]
1、豚上ロースに特製みそタレを1枚1枚はけで塗り、柔らかく仕上がるように備長炭で焼きあげます。
2、特製みそタレは秩父のみそとワインを使い、試行錯誤を繰り返し作られたものです。
3、お米は岩手県一ノ関産の減農薬自然乾燥米のひとめぼれを使用。

鉄砲もつ煮定食

ランチメニューの豚丼と並ぶ人気メニュー、もつ煮定食。ご飯、もつ煮、ザク切りキャベツ(みそだれ付き)、青さの味噌汁、おしんこのセットです。まずもつ煮がおいしいです。鉄砲とは豚の直腸のことで、筒のような形からそう呼ぶらしいです。もつはほどよく溶けて、味付けはしょっぱすぎないちょうど良い塩梅でご飯に合います。もつを食べるとすぐにご飯が欲しくなり、ご飯を口に入れる、ということを繰り返すうち、あっという間にご飯を食べ終わってしまいました。残念、ご飯を大盛にしてもよかったと後悔しました。プルプルのモツとザク切りキャベツは、コラーゲンをとるのによい組み合わせだそうです。女性にはおすすめ。

テイクアウトもあり!

豚丼弁当はテイクアウトもやっています。波久礼駅で電車を待ちながらお弁当を食べるのもいいですね。

夜は焼肉も

夜は焼肉とお酒が楽しめます。シロコロホルモンも食べてみたいですし、次回はお酒を飲みながらもつ煮をつまみたいですね。午前にラフティング・パックラフトをした後にもちょうどいいと思います。電車の方には昼飲みをお勧めします!豚丼は秩父だけじゃありませんよ、ぜひ行ってみてくださいね!

【店舗情報】
焼肉たてがみ
住所:〒369-1205埼玉県大里郡寄居町末野107-1
TEL:048-580-0797
アクセス:関越自動車道花園ICより 国道140号線を秩父方面へ車で20分、秩父鉄道 波久礼駅より徒歩1分
定休日:木曜日
利用時間:ランチ11:30~14:00 ディナー17:00~22:00(Lo21:00)

関連記事一覧

  1. 秩父夜祭の大迫力屋台!
  2. エリア898外観
PAGE TOP