NEWS

In to the River 新人ガイド奮闘記vol.3-4 Day7

こんにちは。シンタロウです。
今日は地元の消防署に行って、普通救命講習を3時間受けてきました。お客さまの安全のため、絶対に必要な技術と知識です。
どういった内容かといいますと、よく自動車教習所でやるAEDを使った心臓マッサージ等の練習と一緒です。
主に心肺停止状態の患者を安全な場所に移動させ、119番通報、AEDの確保、気道の開放、呼吸確認、胸部圧迫といった流れで練習しました。
リバーガイドは患者の第一発見者で、当事者でもあります。こういう立場の人間をバイスタンダーといいます。
又、単なるバイスタンダーという立場だけではなく、保護責任や法的な安全配慮義務があります。
実際、ガイドになればお客さんの安全面を第一に考え、次に楽しいツアーを提供することを目指すと思います。
安全なツアーをしていくためにも、今日受けた講習よりさらにグレードアップした救命講習も受けていこう思います。
IMG_2523
〜ファーストエイド(一次手当て)のプライオリティー(優先順位)〜
D:DANGER 状況把握&危険の察知
R:RESPONSE 意識確認からのケースによっては119番通報、AEDの手配
A:AIRWAY 気道の開放、確保
B:BREATH 呼吸の確認からの人工呼吸
C:CIRCULATION 胸部圧迫
B:BLEEDING 出血の有無の確認、止血
S:SHOCK ショック状態か否かの確認
<写真・文>正真正銘の本人
2014年スタッフ募集のバナー

PAGE TOP