NEWS

東京消防庁SWR講習(長瀞ラウンド)

何だか水がずっと減らない長瀞ですが、ラフティングもレスキューもコンディションGOOD!
水量が50tオーバーでずっと推移していて(通常は20t弱)、いつになく、早くて、パワフルな
荒川が楽しめます。
クイックリリースハーネスによる脱出
6月25日、26日と東京消防庁の山岳救助隊と水難救助隊員が選抜され、長瀞に救助訓練に来てくれました。
もう7,8年続いている講習です。
DSC_3768
この講習の目玉はなんて言ってもカリキュラムが限定されていないため自由度が高いところ。
時間や制約に追われず立ち止まってじっくりと確認・復習できます。
DSC_3747
1日目はベーシックな内容(主にスイミングとスローバック)
DSC_4056
2日目は資器材を使用してのグループレスキューを行いました。
DSCF1764
参加者は精鋭ばかりで、正直、一般人の我々が講釈するのはおこがましく、非常に訓練され
細かいところまで理解されている隊員方々でした。
DSCF1877
逆にその中に混じり、一緒に2日間を過ごせた事を誇りに思います。
レスキュー最高!
また来年もお待ちしてます!
【メニュー1日目】
・ベーシックリバースイム(ディフェンシブスイム・フェリースイム・エディーキャッチ)
・スローバックレスキュー(スタンダード・リコイル・ダブルスロー)
・ゴー&スローレスキュー
・ライブベイトレスキュー
・クイックリリースハーネスによる脱出
・スイムでのロープリバークロッシング
・スクラムレスキュー
【メニュー2日目】
・スイムで設置、テンションダイオゴナル(ジップライン)
・操船練習(フェリーグライドラダーの取り方)
・ボートで設置、テンションダイオゴナル(ジップライン)→ ボートによるトランスポート
・4ポイントボートティザー
・ハイラインボートチロリアン
DSC_4083
DSC_3832
DSCF1854
DSCF1749
DSC_4571
DSC_4330
DSC_4115
<文>taku <写真>マリちゃん・亀チャン・シンタロウ・ピーポ君

PAGE TOP