NEWS

In to the River 新人ガイドの奮闘記vol21 Day152

こんにちは!どーもシンタロウです!
今日はハイシーズンの山場を越えたということでお疲れ様会です!
場所は皆野駅の近くにあるオールドスタイルな店構え、外観どーん!
image
うなぎ「吉見屋」です。吉見屋は1892年創業の超老舗。うーん趣きありますね。
さっそく中に入ってみましょー!ちわーす!
image_2
いい感じです!!笑顔が素敵なご主人とお母さん。そして昭和を感じさせる空間、イイですね!
「コン、、、コン、、」っと聞こえるこけおどし獅子脅しの音も心地いい。
こんなちゃんとしたお店、あまり来たことないのでチョット緊張。
1階は食堂みたいな感じで、2階は広間があり、宴会が開けそう!僕らは2階へ!
部屋に入ると有名であろう掛け軸、または俳句?みたいな、いかにも高そうなものが並んでます。
部屋で待つこと5分ぐらい、、、。
来ましたー!来ましたー!特上うなぎどどーん!
image_3
ウナギがぎっしり詰まってます。いただきまーす!
うん!
うまっ。笑
ご飯ススム!ススム!肉厚があり、柔らかい!老舗の秘伝のタレと絡まってハイパーハーモニー!
心からウマイと感じました。
幸せです。
やっぱり本当に美味しいものって満足感があるのでお腹もすごく満たされます。
本来なら丁寧に焼き上げるために40分程待つらしいのですが、今回は予約をしていただいたのでこんなに早めに到着しました!
ちなみにタクさんら普通に注文して40分しっかり待って食べるうなぎもまた美味。とのことです!
image
田舎の生活に憧れ、都内から長瀞に来てもう約5カ月。過ぎればもっと頑張れたろ!っと思うことばかり。
生活には慣れてきましたが、まだまだ知らない事がたくさん。
戸惑うし上手くいかないことだらけですが初体験の連続なので1日が勉強になったなっと思える。充実した楽しさがあります!
シンタロウ日記
canoevillage_logo_340_100

長瀞ラフティングならアムスハウス長瀞ラフティングへ

PAGE TOP