Pack Raft

誰でも気軽に体験できる 一人乗りボードのクルージング

オーシャンズのweb版に“バイクラフト”でガイドTAKUが登場。おじさん4人が自転車とパックラフトで旅をする企画です。とても素敵な内容になってますのでぜひご覧ください!
https://oceans.tokyo.jp/car/2018-1226-4/

パックラフトとは

1人乗りのインフレータブルボート(空気充填ボート)のこと。冒険家が冒険中に川下りや水場を渡るアイテムとして誕生しました。携帯性に優れ、その重量はわずか3kg!軽いからリュックに入れて持ち運べます。今、個人で川下りや水遊びをする人たちに注目のアイテムです。 操作性は水面に接する面積が多い為、カヤックやカヌーほど難しくなく、転覆の心配も少ないです。静水であれば10分もしないでスイスイと水の上を散歩できます。流水はその激しさによって知識や体力を要しますが、しっかり練習すればそんなに難しい遊びではありません。そんなパックラフトを使ったツアーをアムスハウスでもやっています。 当社のツアーではアルパカラフト(米国・アラスカ)、ココペリ(米国・コロラド)、nortik(ドイツ)のパックラフトをツアーに導入しています。

長瀞パックラフト|アムスハウス&フレンズ

レギュラーメニュー×2、限定メニュー×2

2019年4月現在、アムスハウス&フレンズが展開しているメニューは4つ。レギュラーメニュー(常設)のメニューがダウンリバーと静水クルージング。
限定メニューとして1日コース(特定日開催)とアドバンスドコース(経験者限定・特定日開催)があります。また今秋より遠征ツアーの準備も進めていますので楽しみにしてください。

パックラフトツアーの様子

パックラフトダウンリバーコース

パックラフトを漕いで川を下るレギュラーコースです。自分でコントロールする喜びが味わえます。川を下る爽快感も味わえます。コースは波がないところを下りますのでどなたでも安心して参加できます。カヌー・カヤックなどでのダウンリバー経験のない方や初心者向けで落水へのストレスなどなく安心して参加できるツアーです。パックラフトの魅力である“冒険”誰もいない場所に立ち入ってパックラフトを組み立てて川を下るという体験をしてみませんか。パックラフトは文字どおりナップザックにそのまま収納できるサイズですのでローケンションを選ばず可能性は無限大です。当ツアーでは決まった範囲のなかでツアーを行いますが、春や秋などは長瀞を飛び出して違う川を下るスペシャルツアーも企画中です。※ダウンリバーコースではヘルメットを着用します。写真は静水でのイメージです。

パックラフト静水クルージング

パックラフトで流れのないところクルージング(周遊)するコースです。以前は天然記念物【岩畳】を周遊するコースでしたが、ライン下り(遊覧舟)と航路が重なり、一時取りやめていましたが、フィールドの選択肢を増やし、再開することとなりました。岩畳周辺で開催しないケースがあることだけご了承ください。静水クルージングでは自分でコントロールする喜びが味わえ、落水や流水へのストレスを感じず安心して参加できるツアーです。カヌーやカヤックを始めたい方、パックラフトの購入を検討中の方にはうってつけのコースです。秋はのんびり紅葉の中をクルージングできます。フィールドはその日の水量や長瀞岩畳周辺の混雑状況によって変更します。

ツアー概要

ツアー名①ダウンリバー ②静水クルージング
スタート時間①、②とも 午前の部:9:00(8:45集合) 午後の部:12:30(12:15集合)
参加料金①9,000円/人 ②6000円/人
参加資格13歳以上
定員12名。一人参加も可能です。
予約方法電話予約 0494(26)6906 オンライン予約 予約カレンダーへ
持ち物水着、濡れてもいい靴、タオルなどラフティングと同様
※夏場は短パン・Tシャツで参加できます。
低気温の場合はウェットスーツ無料でレンタルします。
所要時間・スケジュール2時間30分〜3時間程度 スケジュールはこちらをご覧ください
パックラフトのんびりツーリングイメージ
パックラフト1日コースの様子

【開催日限定】静水+流水の1日コース

パックラフトを1日中、存分に楽しみませんか?午前中は静水にて操船方法・セルフレスキューについて、午後は静水でやったことを生かして川を下っていきます。その日のうちに静水・流水の2つを体験できて自分の成長も実感できるはず。流水の激しさは参加者の実力にあわせてアレンジしています。

ご予約はこちらから→予約カレンダー
1日コースの詳細→パックラフト1日コースについて

パックラフトガイドのアドバンスコースイメージ

アドバンスドコース(急流コース)

料金設定は10,000円/半日
不定期開催になります。お電話または下記のフォームよりお問い合わせください。
パックラフトは手軽さの半面、川の流れを理解しなくてもある程度漕ぐことが出来てしまいます。急流コースは流水特性が発生している場所を下ります。セルフレスキューが大前提です。セルフレスキューとは自身に起きる想定範囲のアクシデント(転覆など)に自身で対応が可能であるか?です。事前レクチャーで流水での漂流の仕方やリカバリー方法をレクチャーしますが、通常のコースよりはるかに転覆の可能性、難易度があがります。

問合せフォーム

冬もパックラフトやってます!

冬季の間もパックラフトツアーは開催していています。シーズレスのリバースポーツですので冬季も楽しめます。